印刷通販の現状

出版業界は現在、厳しい状況に陥っている。印刷需要は不況が原因で広告宣伝費が削減されている。印刷物の発注もバリアブルで小ロットなものにシフトしており、印刷会社においてもオンデマント印刷をフルに活用した小ロット印刷での対応が迫られてきている。当然、受注単価も低くなる。今までの営業手法を続けていてはコスト割れをしてしまうため、Webによる見積提示や広告展開などで、営業範囲を全国に拡大している。同時にローコストの受注システムを採用するようになった。当初は、電子メールによる見積提示で始まった印刷通販もインターネットのWebプラウザを通じた電子入稿の仕組みが開発されている。このように多様なサービスが可能になってきた。特に、テンプレートを利用してお客様自身が編集できるオンラインのシステムやそれを受ける印刷会社のサーバ側でデータを変換して自動組版する機能などWeb to Printの機能が拡大してからは、発注側と受注側の両方に利便性や効率性が認められて、印刷通販の需要が一気に高まった。そして、サイトを開く印刷会社も急増した。