印刷比較サイトの活用

20104月から、国内で初めて印刷通販会社の価格を発注条件に合わせて比較できるサービスが誕生した。これは、自費出版をする人にとってとても便利なサービスである。その名も「印刷比較・com」という。開設した楽する株式会社では、サービス開始わずか半年で約六万回の検索結果があった。顧客からの要望もあり、同年10月からサイト名を「rakusul」に変えた。それと同時にサイトに登録されている26社役2000万件の商品価格の中から印刷の仕様や紙のサイズ、色、厚さ、発送日など条件を指定して、印刷枚数ごとの価格が比較できるようになった。インターネットでの印刷発注の市場は、5年前に比べて約10倍の400億円と急激に成長している。今後も拡大していくだろうと見込まれ、最終的には、印刷市場の1割に当たる規模を目指している。201610月現在で印刷通販比較サイトは231サイトが掲載されている。