インバウンドと出版業界

近年海外からの旅行者が急増したことで日本経済が押し上げられている。今、出版業界がどのようにインバウンド市かかわり発展できるかが業界の大きな課題になっている。国内人口や従来型産業の内需が減少している中、クールジャパンの施策が取り入られている。これは日本の伝統的な魅力をさらに磨いて、海外の需要の獲得と関連産業の雇用創出をすることを狙いにしている。地域の伝統工芸品や食文化といった日本の伝統的な文化やアニメや映像、音楽などのコンテンツビジネスやファッションといったサブカルチャーといった幅広い文化をビジネスへつなげている。これらを世界へ広げるという支援策だ。このことで、関連商品への波及効果、本物を求める日本への観光客の増加、彼らの日本の滞在・消費の拡大などが期待されている。このことは、出版業界も大きな役割が求められている。それは、「日本ブランド」展開の中核的なコーディネーターとしての役割だ。また、2020年に東京でオリンピックとパラリンピックの開催が決まったことにより、新しいコンテンツモデルを開拓したり、「食」を中心としたパッケージを新しく制作したり、多言語による標識やチラシ等の整備、観光情報の管理などの多くの仕事がある。